ドラマで英語を学ぼう (18) 〜名作にチャレンジ!〜 Romeo and Juliet - Part 3

Category: ドラマで英語を学ぼう



毎月第1週は「ドラマで英語を学ぼう」をお届けしています。ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564-1616)作の『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet)の第3回です。19世紀にラム姉弟(Charles & Mary Lamb)によってやさしく書き直された『シェイクスピア物語』のバージョンでお楽しみいただきます。

前回(1/3配信)お互いの恋を打ち明け、修道士ロレンスの計らいで結婚した二人。しかしその後、ヴェローナの町中での小競り合いでキャピュレット家のティバルトに友人マーキューシオを殺されたロミオは、ティバルトと決闘して彼を殺害します。その結果ロミオはヴェローナの町を追放されることになります。

さて、今回はロミオがヴェローナを離れた後、後半部分でジュリエットにも新たな試練が登場します。その試練にジュリエットはどのように立ち向かうのでしょうか・・・。今回もやや長めの分量となりますが、注とスクリプトを参考にしながら、ぜひチャレンジしてみてください。

今回お借りした素材
画像(Ford Madox Brown作"Romeo and Juliet"):Wikipedia
BGM1(チャイコフスキー「ロメオとジュリエット」):パブリックドメイン・クラシック
BGM2(プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」より「モンタギュー家とキャピュレット家」):アキラの音楽空間



(18:55 11.0MB 中級〜上級)

ドラマで英語を学ぼう (17) 〜名作にチャレンジ!〜 Romeo and Juliet - Part 2

Category: ドラマで英語を学ぼう



本年もHiroshima University's English Podcastをよろしくお願い申し上げます。

毎月第1週は「ドラマで英語を学ぼう」をお届けします。2012年最初にお届けするのは、ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564-1616)作の『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet)の第2回です。19世紀にラム姉弟(Charles & Mary Lamb)によってやさしく書き直された『シェイクスピア物語』のバージョンでお楽しみいただきます。

前回(12/6)配信した第1回では、ロミオとジュリエットが仮面舞踏会で出会い恋に落ちます。夜更けにキャピュレット家に忍び込んだロミオの存在に気付かないまま、ジュリエットはバルコニーであの有名なセリフ「おお、ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの」("O Romeo, Romeo! Wherefore art thou Romeo?")を呟きます。

今回のエピソードの前半ではバルコニーでの二人の愛の行方が描かれ、後半ではモンタギュー家とキャピュレット家の対立が引き金となって物語の展開が加速します。やや長めの分量となりますが、注とスクリプトを参考にしながら、ぜひチャレンジしてみてください。

今回お借りした素材
画像(Ford Madox Brown作"Romeo and Juliet"):Wikipedia
BGM1(チャイコフスキー「ロメオとジュリエット」):パブリックドメイン・クラシック
BGM2(プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」より「モンタギュー家とキャピュレット家」):アキラの音楽空間



(23:58 13.9MB 中級〜上級)

ドラマで英語を学ぼう (16) 〜名作にチャレンジ!〜 Romeo and Juliet - Part 1

Category: ドラマで英語を学ぼう



今回より4回にわたり、毎月第1週は「ドラマで英語を学ぼう」をお届けします。

これまでのドラマとは少し趣を変え、名作のお話を取り上げました。お届けする作品はウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564-1616)作の『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet)です。

イタリアのヴェローナで互いに対立し、絶えず抗争を繰り返してきたモンタギュー家とキャピュレット家。それぞれの家に生まれたロミオとジュリエットの悲恋の物語はあまりに有名で、何度も映画化され、世界中で親しまれています。

400年前に書かれたシェイクスピアの脚本は現代の英語とはかなり異なるので、今回は19世紀にラム姉弟(Charles & Mary Lamb)によってやさしく書き直された『シェイクスピア物語』のバージョンでお楽しみいただきます。シェイクスピアによるセリフを生かしながら、美しい英語で書かれています。上級者向けの内容ですが、注とスクリプトを参考にしながら、ぜひチャレンジしてみてください。

今回お借りした素材
画像(Ford Madox Brown作"Romeo and Juliet"):Wikipedia
BGM1(チャイコフスキー「ロメオとジュリエット」):パブリックドメイン・クラシック
BGM2(プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」より「モンタギュー家とキャピュレット家」):アキラの音楽空間



(16:22 9.5MB 中級〜上級)

ドラマで英語を学ぼう (15) Adventure in Australia - Part 5

Category: ドラマで英語を学ぼう



毎月第1週は「ドラマで英語を学ぼう」の新作「オーストラリアの冒険(Adventure in Australia)」をお届けしています。広島大学に留学していた、オーストラリア出身のHelen Needsさんが作成したオリジナルドラマです。3人の登場人物(Takako, Carmel, Brian)と一緒にオーストラリアを旅しながら、オーストラリアの英語や文化に触れてみましょう。

いよいよ最終回となりました。BrianとCarmel、Takakoは、いよいよ目的地に到着します。Takakoは二人と空港で再会してから、今までその場所を知らされていませんでした。このお楽しみの目的地はどこなのでしょうか。そしてTakakoはこの場所を気に入るのでしょうか。また、Takakoが嫌がっていた新しい仲間、ヒッチハイカーのNathanの行方は・・・?

(聞き取りのポイント)
・TakakoとCarmelは何を忘れてきたことを残念がっていますか。
・Nathanはdidge(オーストラリアの楽器)の演奏を皆に披露するつもりでしょうか。
・解説を聞き、会話で使われている次の語句の意味を考えてみましょう。(1) I'll let you off. (2) Can't take the country out of the girl, eh? (3) What a bummer!

毎回、ドラマの中で使われている表現をJoeとKanaがていねいに解説します。

今回お借りした素材
写真:Wikipedia



(19:51 11.5MB 中級)

"Adventure in Australia" (C) 2011 Helen Needs and FLaRE.

ドラマで英語を学ぼう (14) Adventure in Australia - Part 4

Category: ドラマで英語を学ぼう



毎月第1週は「ドラマで英語を学ぼう」の新作「オーストラリアの冒険(Adventure in Australia)」をお届けしています。広島大学に留学していた、オーストラリア出身のHelen Needsさんが作成したオリジナルドラマです。3人の登場人物(Takako, Carmel, Brian)と一緒にオーストラリアを旅しながら、オーストラリアの英語や文化に触れてみましょう。

第四回目は、Brian、Carmel、Takakoがヒッチハイカーと話をしている場面です。

(聞き取りのポイント)
・Brianによれば、彼らの目的地はどこですか。
・Nathanは興奮したらどのような癖があると言っていますか。
・解説を聞き、会話で使われている次の語句の意味を考えてみましょう。(1) It’s good to boost the testosterone levels in here. (2) Should I hold my breath?

毎回、ドラマの中で使われている表現をJoeとKanaがていねいに解説します。

今回お借りした素材
写真:Wikipedia



(18:00 10.3MB 中級)

"Adventure in Australia" (C) 2011 Helen Needs and FLaRE.

ドラマで英語を学ぼう (13) Adventure in Australia - Part 3

Category: ドラマで英語を学ぼう



毎月第1週は「ドラマで英語を学ぼう」の新作「オーストラリアの冒険(Adventure in Australia)」をお届けしています。広島大学に留学していた、オーストラリア出身のHelen Needsさんが作成したオリジナルドラマです。3人の登場人物(Takako, Carmel, Brian)と一緒にオーストラリアを旅しながら、オーストラリアの英語や文化に触れてみましょう。

第三回目は、Brian、Carmel、そしてTakakoの3人が車で移動している場面です。

(聞き取りのポイント)
・3人はどこに行こうとしていますか。
・3人は途中でどのような人に出会いますか。
・解説を聞き、会話で使われている次の語句の意味を考えてみましょう。(1) Cotton's so thirsty. (2) You dag! (3) to cop

毎回、ドラマの中で使われている表現をJoeとKanaがていねいに解説します。

今回お借りした素材
写真:Wikipedia



(16:20 9.4MB 中級)

"Adventure in Australia" (C) 2011 Helen Needs and FLaRE.

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 · 7 · 8 · | Next»