異文化ディスカッション (81) University Life

Category: 異文化ディスカッション (上級)





今回から3回にわたり、2人のゲストに登場してもらいます。タイ出身のクリット、そして前回のCultural Frictionに引き続きパーリーンです。今回の話題は「日本の大学生活」。

「異文化ディスカッション」では、広島大学に学ぶ留学生をゲストに招き、東広島での学生生活や、身近な話題について、英語で話してもらいます。

聞き手:Joe Lauer(広島大学外国語教育研究センタ―)

*エントリーの「スクリプトを見る」をクリックすると、番組内で使われている表現を見ることができます。
スクリプトはありませんが、YouTubeの再生時に、自動書き起こしによる字幕を表示させることができます。
 

ロゴをリニューアルしました!

Category: このサイトについて

hueplogo.jpg
このたび、Hiroshima University's English Podcastのロゴ(アートワーク)をリニューアルしました!

長らく親しまれてきたコミュニケーションマークに代わり、今年度新たにデビューした広島大学マスコットキャラクター「ひろティー」をデザインに採用しました。

今後とも、本Podcastをどうぞご愛聴ください!

広島大学マスコットキャラクター「ひろティー」が誕生しました
(広島大学ホームページより)

やさしい英語会話 (350) April Fool's Day

Category: やさしい英語会話 (中級)





明日のエイプリルフールにちなんだ会話をお届けします。この会話のような嘘は全くダメな例ですが、嘘をつかれた側も笑って許せるような嘘なら、お互いの雰囲気を明るくできますね。

今回の会話では、そんな遊び心たっぷりの表現や、慌てている相手を落ち着かせるのに役立つ表現が登場します。
 

やさしい英語会話 (349) Baseball and Los Angeles

Category: やさしい英語会話 (中級)





飛行機の中で、具合の悪そうな様子の女性に声をかけた男性。野球や旅行の話をして女性の気を紛らわそうとしますが、その女性の職業は…!

今回の会話では、具合の悪い人に声をかけたり、旅先で出会った人と話をするのに役立つ表現が登場します。
 

やさしい英語会話 (348) Not So Poor George

Category: やさしい英語会話 (中級)





パートナーの帰宅を待っている女性が、ドアベルの音で玄関を開けたら、そこにいたのは…!

今回の会話では、よくない知らせの前置きとして役立つ表現がいくつか登場します。
 

アメリカ★は愉快だ (16) バージニアシティ (2)––ゴーストタウンへようこそ

Category: アメリカ★は愉快だ(初級)





先月に引き続き、MomoとHiroが、リノ近郊にある観光地・バージニアシティを訪れている場面です。人口が急激に減り、今やゴーストタウンとして知られるこの街。荒涼とした建物や町並みを逆手に取り、現在ではアメリカの「心霊スポット」として観光客に人気があるようです。

「アメリカ★は愉快だ」は、英語は上達したいけど少し苦手…という方々を対象にしたシリーズです。シャドウイングの練習もありますので、しっかり聞いて、しっかり声に出して練習してみましょう。
 

«Prev || 1 · 2 · 3 · 4 · 5 · 6 ·... | | Next»