Archive for January 2012

やさしい英語会話 (123) You Can Be as Young as You Want to Be

Category: やさしい英語会話



世の中には、見た目と実年齢のギャップが大きくて、驚くほど若々しい人がいます。老いは誰にでも必ず訪れますが、ものの考え方や取り組み方はいつまでも柔軟でありたいものです。今回のタイトルが示しているように、人は努力次第で「いくらでも若くいられる」のですから。

今回の会話では、若々しく見える男性に元気の秘訣を尋ねています。彼の年齢はいくつでしょうか。そして、彼の若さの秘訣とは・・・?

今回お借りした素材
画像(ジョギングをするカーター元米大統領):Wikipedia



(16:25 9.5MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (122) Political Correctness: Gender

Category: やさしい英語会話



今回の話題は"political correctness"(日本語では「政治的な正しさ」)です。

ご存知のように、これまで広く使われてきた言葉遣いの中には、かつて社会の中心的な立場にいた人たちの主観によって生まれたものもあります。そうした表現の多くは、人種や性別やからだの特徴などによる差別や偏見を知らず知らずのうちに含んでいます。「政治的に正しい」表現とは、それらに代わるより中立な表現として誕生したものです。例えば日本語でもかつての「看護婦」が「看護師」に、「肌色」が「薄橙」に言い換えられるようになっています。

会話の中では、特に性別(gender)に関する中立な表現が数多く紹介されています。これらの"politically correct"な表現、皆さんはどのくらいご存知でしょうか。

今回お借りした素材
画像:Open ClipArt Library



(15:27 9.0MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (121) How to Make Learning English Fun

Category: やさしい英語会話



今回は、英語学習を楽しくする方法についての会話です。人とコミュニケーションを取るための手段ですから、同じ人間のことばである外国語を勉強することは本来楽しいものです。そして、工夫次第でいくらでも楽しくすることができます。

会話では、英語学校の教室で、女子学生が英語の勉強を楽しくするための工夫を3つ紹介しています。それらはどのようなものでしょうか。そしてその後、彼女の話はとんでもない結末を迎えることに・・・!?

今回のエピソードはこの会話の他に、Joeによる発音あてクイズや、JoeとKanaによる楽しい英語学習法の紹介など、盛りだくさんの内容です。Have fun!



(17:47 10.2MB 初級~中級)

Quick Question (5) English Pronunciation

Category: Quick Questions

リスナーの皆様にお聞きします。もしよろしければご回答ください。

やさしい英語会話 (120) The Morning After

Category: やさしい英語会話



昨日は成人の日(Coming-of-Age Day)。今年成人を迎えられた学生とリスナーの皆さん、心よりおめでとうございます。

そういうわけで、今回のエピソードはお酒に関するちょっと大人の話題をお届けします。
会話に登場する男女は、どうやら前の晩、強いお酒を飲み過ぎたようで、二日酔い(a hangover)で苦しそうです。そして男性は、前の晩の出来事の記憶が定かではないようですが、いったい何が起こったのでしょうか。

番組では、二日酔いを防いで上手にお酒を飲む方法をJoeが話していますので、特に新成人の皆さんのご参考になればと思います。

今回お借りした素材
写真(a fry up: イギリスの朝ごはん):Wikipedia



(15:40 9.1MB 初級~中級)



Quick Question (4) About "Romeo and Juliet"

Category: Quick Questions

リスナーの皆様にお聞きします。もしよろしければご回答ください。

ドラマで英語を学ぼう (17) 〜名作にチャレンジ!〜 Romeo and Juliet - Part 2

Category: ドラマで英語を学ぼう



本年もHiroshima University's English Podcastをよろしくお願い申し上げます。

毎月第1週は「ドラマで英語を学ぼう」をお届けします。2012年最初にお届けするのは、ウィリアム・シェイクスピア(William Shakespeare, 1564-1616)作の『ロミオとジュリエット』(Romeo and Juliet)の第2回です。19世紀にラム姉弟(Charles & Mary Lamb)によってやさしく書き直された『シェイクスピア物語』のバージョンでお楽しみいただきます。

前回(12/6)配信した第1回では、ロミオとジュリエットが仮面舞踏会で出会い恋に落ちます。夜更けにキャピュレット家に忍び込んだロミオの存在に気付かないまま、ジュリエットはバルコニーであの有名なセリフ「おお、ロミオ、ロミオ、どうしてあなたはロミオなの」("O Romeo, Romeo! Wherefore art thou Romeo?")を呟きます。

今回のエピソードの前半ではバルコニーでの二人の愛の行方が描かれ、後半ではモンタギュー家とキャピュレット家の対立が引き金となって物語の展開が加速します。やや長めの分量となりますが、注とスクリプトを参考にしながら、ぜひチャレンジしてみてください。

今回お借りした素材
画像(Ford Madox Brown作"Romeo and Juliet"):Wikipedia
BGM1(チャイコフスキー「ロメオとジュリエット」):パブリックドメイン・クラシック
BGM2(プロコフィエフ「ロメオとジュリエット」より「モンタギュー家とキャピュレット家」):アキラの音楽空間



(23:58 13.9MB 中級〜上級)

Quick Question (3) New year's Resolution

Category: Quick Questions

リスナーの皆様にお聞きします。もしよろしければご回答ください。