Archive for November 2011

やさしい英語会話 (116) At Opera House

Category: やさしい英語会話



先週まではイギリスに関する話題が続きましたが、今回の会話は南半球の"Down Under"、すなわちオーストラリア・シドニーが舞台です。

シドニーと聞いて皆さんが真っ先に思い浮かべるのが、今回の話題に登場するオペラハウスではないでしょうか。会話の親子はオペラハウスの観光に向かっています。ハーバーブリッジを車で渡りながら、娘がぬいぐるみのコアラに話しかけています。このコアラをめぐってひと騒動が起こることに・・・。

今回お借りした素材
写真(ハーバーブリッジとオペラハウス):Wikipedia



(13:17 7.7MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (115) Cooking Up a Storm

Category: やさしい英語会話



11月はイギリスをテーマにした話題が続きましたが、その最後となる今回はイギリスの料理を取り上げます。

タイトルの"Cooking Up a Storm"とは「たくさんの料理をする」という意味です。旦那さんの両親に料理をふるまうことになり、奥さんが一生懸命に料理をしています。そんな奥さんに旦那さんはいろいろと注文をつけますが・・・。

番組の中で、Joeがイギリス料理について紹介していますので、そちらもお楽しみください。

今回お借りした素材
写真:Wikipedia



(16:10 9.3MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (114) Brits Sometimes Like to Complain

Category: やさしい英語会話



先週に引き続き、イギリスを舞台とした会話をお届けします。今回のタイトルを直訳すると「イギリスっ子は時に文句を言いたがる」。パブでの男女の会話から、イギリス人気質に迫ってみたいと思います。果たして会話の男女はどのようなことについて不平を言っているのでしょうか。

今回お借りした素材
写真:Wikipedia



(18:59 11.0MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (113) At the Japanese Embassy in London

Category: やさしい英語会話



今回の会話の舞台は、ロンドンの日本大使館(the Japanese Embassy in London)です。日本人にとっての在外公館は、海外滞在中のパスポート発券や不在者投票など、海外で日本人として生活するためのお世話をしてくれます。一方で、外国人が日本で留学・就労する際に必要なビザの発行なども行っており、外国人にとっては最も身近な日本の窓口と言えるでしょう。

今回の会話は、この後者の「日本の窓口」としての顔を見ることができます。イギリス人の男女が日本に留学するために大使館を訪れています。彼らはそれぞれ日本のどこに留学しようとしていますか。また、会話の最後で男性が女性にプレゼントしようとしているのは何でしょうか。

今回お借りした素材
写真:Wikimedia



(18:31 10.7MB 初級~中級)

異文化ディスカッション (27) Famous People in Britain

Category: 異文化ディスカッション



イギリス出身のアンナとベンのトークも、今回が最終回となりました。今回は「イギリスの有名人」をテーマに、大学生の二人からみたイメージを語ってもらいます。さて皆さんは、番組で登場する数々の有名人を、どのぐらいご存知でしょうか・・・?

聞き手:Joe Lauer(広島大学外国語教育研究センタ―)

*毎月第1週は「異文化ディスカッション」をお届けします。
*エントリーの「スクリプトを見る」をクリックすると、番組内で使われている表現を見ることができます(スクリプトは表示されません)。

今回お借りした素材
画像(ウィリアム・シェイクスピア):Wikipedia



(15:44 9.1MB 中級~上級)