Archive for March 2010

やさしい英語会話 (56) Asking a Girl for a Date

Category: やさしい英語会話



いよいよ年度末、ということで今回は少し軽い話題を。松岡さんはKristinを仕事の後、デートに誘おうとしています。でも少し緊張気味のようです。松岡さんは果たして二人きりのデートにうまく誘えるのでしょうか・・・。

今回お借りした素材
写真(ふたりの影):Openphoto.net
BGM:パブリックドメイン・クラシック



(09:03 16.1MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (55) Maori Culture

Category: やさしい英語会話



今回はニュージーランドの先住民族であるマオリ(Maori)の話です。ニュージーランドを旅すると、マオリの文化に触れる機会も多いと思います。例えば、ラグビーのナショナルチーム・オールブラックスが試合前に踊るハカ(haka)は、代表的なマオリの文化でしょう(日本でも昔、某スタミナドリンクのCMで踊られていましたね)。

今回の会話ではハカのほかに「ホンギ」(hongi)「ハンギ」(hangi)といったマオリの文化が紹介されています。この二つの言葉はよく似ていますが、それぞれ何を指すのでしょうか。

今回お借りした素材
写真(オールブラックス・ハカ):Wikipedia



(14:44 8.5MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (54) Fresh Water Everywhere - Part 2

Category: やさしい英語会話



前回に引き続き、水にまつわる会話をお届けします。

島国の日本では想像しにくいことですが、世界ではひとつの川が何カ国にもまたがっているケースも多く、そのような川は「国際河川」(transboundary river / transboundary water)と呼ばれます。

国際河川を共有する国々は、お互いによく話し合いながら川を使わないと、しばしば外交問題を引き起こします。

たとえば川の上流の国が、自国の水資源確保のためにダムを作ったら、その下流に位置する国にはどのような影響が及ぶでしょうか。

今回はそんな、国境を越えた川の問題について考えてみましょう。

今回お借りした素材
写真(バングラデシュの川):World66
BGM:パブリックドメイン・クラシック



(15:15 8.8MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (53) Fresh Water Everywhere - Part 1

Category: やさしい英語会話



かつては「水と安全はタダで手に入る」と言われた日本でも、最近ではボトル入りのミネラルウォーター(bottled water)がすっかり定着しました。今回と次回は、そんな「水」についてのお話です。

資源の少ない日本は多くの物を輸入(import)に頼っており、水も大量に輸入しています。一方で深刻な水不足(water shortages)に悩む国々も存在します。水の消費大国とも言える日本で、水資源について少し考えてみませんか。

今回お借りした素材
写真:Wikipedia(撮影:Walter J. Pilsak)
BGM:パブリックドメイン・クラシック



(14:13 8.2MB 初級~中級)

異文化ディスカッション (18) Relations between Men and Women

Category: 異文化ディスカッション

オーストラリア出身のHelenとカナダ出身のRandallによるトークの最終回です。今回はオーストラリア・カナダ・日本における「男と女の違い」についての話です。

聞き手:Joe Lauer(広島大学外国語教育研究センタ―)

*毎月第1週は「異文化ディスカッション」をお届けします。
*エントリーの「スクリプトを見る」をクリックすると、番組内で使われている表現を見ることができます(スクリプトは表示されません)。




(16:30 9.5MB 中級~上級)