Archive for February 2009

やさしい英語会話 (19) Harry Potter

Category: やさしい英語会話



2007年に完結したハリー・ポッター・シリーズですが、英語で読んでみたいという人も多いのではないでしょうか。今回の会話は、まだ日本語の翻訳が揃っていなかった頃のお話。物語の結末を知ろうと一生懸命にハリー・ポッターの原書と格闘している女性を、男性がからかって(tease)いる様子です。

ところでハリー・ポッターの原書は、魔法の呪文(magic spells)など物語特有の表現に慣れれば比較的読みやすいので、ぜひ挑戦してみてください。番組の最後では、Joeが英語の本を読むときのこつを紹介しています。



(15:03 8.7MB 初級~中級)

やさしい英語会話 (18) Families

Category: やさしい英語会話



アメリカ人は家族や子どもの写真を持ち歩き、家族自慢をする人が多いようです。「うちの愚息が・・・」などの表現に見られるように、とかく身内をおとしめる傾向がある日本人とは対照的ですね。

今回は、そんな子ども自慢(boasting about children)が好きな親戚を訪れている夫婦の会話です。夫の皮肉に満ちたセリフも聴きどころです。



(16:23 9.4MB 初級~中級)

リスナーのみなさまへ

Category: このサイトについて

いつもHiroshima University's English Podcastをお聴きいただきありがとうございます。

(1) メールアドレスを開設しました。
このたび、リスナーのみなさまとのコミュニケーションの窓口として、メールアドレスを開設いたしました。アドレスは本ページの右側にあるオレンジ色のアイコン内に記入しておりますように、hirodaipod<アットマーク>gmail.comです。番組をお聴きになられてのご意見、ご感想など、どのようなことでもかまいませんので、上記アドレスまでどうぞお気軽にお寄せください。

(2) Podcasting Juiceに登録しました。
iTunes、Yahooに引き続き、ポータルサイト「Podcasting Juice」に番組を登録いたしました。
Podcasting Juice

今後とも本ポッドキャストをどうぞお楽しみください。

やさしい英語会話 (17) Turn That Music Down!

Category: やさしい英語会話



リスナーの皆さんにとって「うるさい音楽」はどのようなものでしょうか。また「イケてる、ヤバい(hip)音楽」(死語ですね・・・)ってなんでしょうか。

若者の音楽と言えば、昔はロックでしたが、今やラップにヒップホップ。革ジャンとアシッド・ウォッシュのジーンズで決めていたかつてのロック少年も、息子の聴いているヒップホップは理解できないようです。おまけにママには石頭(stick-in-the-mud)呼ばわりされる始末。今回は、そんなパパとママの会話です。



(20:38 11.8MB 初級~中級)

異文化ディスカッション (5) Food

Category: 異文化ディスカッション

今回のテーマは「食べ物」。中国出身のRubyと、アメリカ出身のTijanが、ふるさとの料理や日本の食べ物の印象などについて語ります。

聞き手:Joe Lauer(広島大学外国語教育研究センタ―)

*毎月第1週は「異文化ディスカッション」をお届けします。
*エントリーの「スクリプトを見る」をクリックすると、番組内で使われている表現を見ることができます(スクリプトは表示されません)。



(11:51 6.8MB 中級~上級)